AGA遺伝子検査はどのようなことをするの?

AGA治療は健康保険適用外の治療なので全額、自腹で受診することになります。

プロペシアは医薬品なので医師の処方箋が必要なため1回の受診で約3000円の費用がかかります。

更に万有製薬の公表価格ではプロペシアが1錠250円ですから1か月(30錠)で7 500円かかるため合計で1か月1万円以上かかる計算になります。

ミノキシジルは育毛剤にも使われる医薬部外品なので購入の際に処方箋を提出する必要はありません。

ミノキシジルを5%配合している市販の育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同額程度の高価格な出費になります。

AGAというものは成人男性に見られる脱毛症なので女性が発症するケースはありません。

脱毛する原因は男性ホルモンにあり治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬品はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAの脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分のせいでヘアサイクルの成長期が短くなってしまうと考えられます。

成長期が短くなることによって頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうため全体的に細く短い頭髪が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科の先生に診察してもらうことをおすすめします。

病院で処方される薬というのは医薬品なので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬というのは保険が適用されないため市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことで一層、効果があがるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識し、食生活では脂っこいものや刺激物を控えるのが良いでしょう。

AGA治療で用いられるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛(副作用の1つ)を起こすことがあります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるというのは薬が自分に合っていないのでは?と心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛は薬が効いてきている証でもありますので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるというわけです。

初期脱毛は治療を開始してから1、2ヶ月期間と発症すると言われミノキシジルを使用した場合でもこういった副作用があります。

AGAとは男性型脱毛症のことで男性に現れる頭髪が薄くなってしまう症状のことです。

薄毛や脱毛は昔から男性が抱える悩みの1つだったようで世間には数多くの養毛剤や育毛剤が氾濫しています。

近年、ようやく医療機関で治療を受けられることが知られるようになりましたが自己負担診療のため、医療費が重くのしかかります。

それでも、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれますから市販薬よりも薄毛の症状が改善する確率は大幅にアップしました。

ただし、AGA治療とは対処療法ですから、処方薬の使用を中止すると元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療を考えているけど何科を受診すれば良いのか分からないという人もいると思います。

AGAの治療は基本的に投薬による治療がメインとなるため受診する科は内科か皮膚科になります。

しかし、プロペシアの処方を行っていないクリニックもありますので受診の前に確認しておくことをおすすめします。

又、一般病院のお医者さんはAGA治療が専門に行っているわけではありませんのでAGA専門のクリニックを受診した方が確実なのは間違いありません。

中には街の調剤薬局で買うよりはるかに安い価格で薬を処方してくれたり、メソセラピー治療を受けられるといったクリニックもありますので専門クリニックの受診をお勧めします。

AGA治療を安くしたいのなら市販薬を使うのが良いと思います。

複数の製薬会社からミノキシジル外用剤が販売されており薬剤師がいる薬局で買う事ができます。

内服用ミノキシジルも個人輸入なら入手が可能ですが信頼性に欠けるので、やめた方が良いと思います。

ミノキシジルの育毛効果は頭皮の血行改善によるものなので同様の効果がある保険適用薬を使えば安くすることができます。

毎日、しっかりと睡眠をとり脂ものを控えてヘルシーな食生活を送ることもAGA治療には有効です。

AGA治療ではプロペシアという内服薬や塗り薬ではミノキシジルを配合した医薬品が使われます。

参照:【AGA遺伝子検査の結果がキターー!!】その内容はいかに?

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて指示書や処方箋をもらわないと買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので薬剤師がいるドラッグストアで販売されています。

ミノキシジルにはミノタブと呼ばれる飲み薬もありますが国内では塗り薬だけがAGA治療薬として認可されています。

ミノキシジル内服薬はインターネットで買う事ができますがトラブルが遭っても自己責任になってしまうのでお勧めできません。

AGA治療のCMに出ていた最初の芸能人はお笑いコンビの爆笑問題でしたね。

コマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげか、AGA治療も一般的になりAGA治療をしている方も増えましたよね。

最近では、育毛剤のCMに二枚目俳優さんやロックシンガーの方の起用も増えてきたのでAGA治療に踏み出すハードルはかなり下がったと思います。

最近ではフサフサな人がコマーシャルに起用されているので若干の違和感は否めませんが薄毛の人が起用されると、返ってリアルで悲壮感が漂うのかもしれませんね。

薄毛治療をお考えの方はAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

保険適用外のため費用はかかってしまいますが市販薬よりずっと効き目がありますのでおすすめです。

とはいえ、プロペシアの副作用が怖いという人にはミノキシジルというAGA治療薬がおすすめです。

ミノキシジルもプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められている薬ですので信用していい薬と言えるでしょう。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用と服用する内服薬がありますが、国内でAGA治療に認められているのは塗り薬の方だけとなっています。

インターネットでAGA治療について検索すると画像付きの経過報告をしているブログやSNSを見つけることができますよね。

多くの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れ始めるようで定期的に経過写真を見せてくれるので成果のほどがよくわかります。

中には信じがたいサイトもありますが経過とともに、かかった費用や使っている薬を紹介してくれるサイトもあるのでためになります。

AGA治療を開始すると、初期脱毛などが起きたりするので実際の体験談が記載されているとその症状はみんな一緒なんだとほっとできますよね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いようでそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのかもしれませんね。

AGAの治療に効果があるとされる薬にはプロペシアという内服薬やミノキシジルと呼ばれる外用薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制する働きがありヘアサイクルの乱れを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルには血行を促進する作用があり毛母細胞を活性化して発毛を促進する効果があります。

しかし、いずれの薬品も発毛剤として開発された薬ではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬、ミノキシジルは高血圧の治療薬でした。

プロペシアにもミノキシジルにも薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたため今ではAGAの治療薬としても処方されています。

AGA治療薬のプロペシアにはAGA治療に効果的な数少ない薬です。

しかし、どのような薬にも副作用があるのでプロペシアを使う前にどういった副作用が起きる可能性があるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが障害の有無は血液検査でチェックできますから使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアは元々前立腺がんの治療薬だったので前立腺がんの数値に変動が生じることもあります。

この他にも長期間の服用で男性でも乳癌を発症したりアレルギー等の発症も危惧されています。

AGAとは男性ホルモンにより発症するものなのですが生活習慣や食生活も無関係ではありません。

人間の身体は血液が循環されることによって酸素や栄養が運ばれますから健康な体を保つためには血流を良くすることが大切なのです。

髪の毛に欠かせない栄養素も血流によって運ばれますからAGA治療をしている人は血流の改善に努めなければいけません。

運動不足やストレスは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取は血管を収縮させてしまうため薄毛治療の妨げとなってしまいます。

頭皮が凝り固まっている人は血流を改善するために頭皮マッサージなどが有効です。

AGAは親から遺伝するものですから根本的に完治できるということはありません。

AGAになる人とならない人は個人の体質によって変わるので現在の医療では完治することはありません。

従って、AGA治療をやめてしまえば再び脱毛や薄毛は進行してしまいます。

そうは言っても、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルも医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのはいかがなものかと思います。

内服薬であるプロペシアでEDになる可能性もありますから子作りなどのタイミングがやめどきだと思います。