プロミスおまとめローンは審査は通りやすい?

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

プロミスおまとめローンと通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

プロミスのおまとめローンは複数の借入れを1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも与信審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますからおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

テレビCMでお馴染みのアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とは借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくショッピングローンの返済には使う事ができません。

プロミスのおまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており申込時に収入証明書が必要になります銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、プロミスやアイフルといった消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。プロミスの審査が通りやすいという口コミもありますが、アコムのほうがいいという声もあります。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

複数の借入れを1つにできるプロミスのおまとめローンは借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

複数の金融業者からお金を借りていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

でも、プロミスおまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

銀行や消費者金融などいろいろなところでおまとめローンという商品がでていて迷っている人もいるのではないでしょうか。プロミスおまとめローンは審査通りやすいのかどうかも気になっているという声もあります。

プロミスおまとめローンは審査通りやすいかどうかという点ですが、比較的審査面でよいという口コミもありますが、個人の属性やブラックかどうかなどもかかわってきます。

結果はそれぞれ違いますので審査が通りやすいかどうかと言う判断は人によるのかもしれないですね。

参考:プロミスおまとめローン審査甘い?申込み基準【借入口コミはどう?】

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金がいくらになったら、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

プロミスのおまとめローンは複数のからの融資を1本化することで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

プロミスみたいなおまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

しかし、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

プロミスとかアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。